Juniper パケット光伝送プラットフォーム BTI7800シリーズ

DCI用途に最適化されたプラットフォーム

拡張性に優れたパケットオプティカルトランスポートシステム。大容量のデータ センターとの相互接続とメトロアグリゲーションに最適です。

Juniper BTI7800シリーズの概要

拡張性と柔軟性を実現するオープンでプログラム可能なネットワークシステム、BTI7800シリーズ パケット光伝送プラットフォームは、広帯域メトロ ネットワーク ソリューションを求めるサービス プロバイダーおよびクラウド プロバイダーのニーズを満たす目的で設計されています。この大規模システムはギガバイト当たりのコストを下げ、ネットワークの利用率を改善し、運用を簡略化し、コンパクトな筐体サイズで大容量を実現します。

豊富な光学機能には、ROADMが統合された200Gbpsコヒーレント モジュールが含まれます。これらの機能によって、ネットワーク容量を増やし、スペース/消費電力/冷却コストを削減し、ネットワークの利用率を上げ、価値の高いサービスの展開を簡単に行うことができます。

このプラットフォームはモジュール型で柔軟な課金式アーキテクチャを採用しています。10、100、200 Gbps、OTU2 および OTU4、OC-192 / STM-64 を含む幅広いインターフェイスをサポートします。

このシステムは、すべてのネットワーク ノードおよびモジュールを自動的に検出、接続することで、運用を効率化し、煩雑かつエラーにつながりやすい手動による設定作業を不要にします。システムの管理にはジュニパーネットワークスの proNX サービス マネージャーを使用します。この SDN アーキテクチャの高性能ネットワーク管理および制御プラットフォームは、オープンAPIやWeb GUIを搭載し、ソフトウェアによるネットワーク構築に対応します。

Juniper BTI7800シリーズの特徴

業界屈指のポート密度

単一ラックで 16.8Tbpsまで拡張性のある業界屈指のポート密度により、超高速伝送が実現します。

キャリアグレード設計

単一障害点のないキャリアグレードの設計でサービスの可用性が向上します。

SDNアーキテクチャのソフトウェア

SDNアーキテクチャのソフトウェアにより、管理と制御が簡素化されます。

自動検出および自動接続

ネットワーク ノードおよびモジュールが自動検出されて自動接続されるため、手作業での設定が不要です。

モジュラー式アーキテクチャ

モジュラー式アーキテクチャによって新しい技術やアプリケーションへのマイグレーション パスが確保されるため、投資が無駄になりません。

Juniper BTI7800データシート

Juniper BTI7800シリーズの製品仕様

BTI7801 BTI7802 BTI7814
サイズ(RU) 1RU 3RU 14RU
モジュールスロット数 1 2 14
容量 400Gbps 800Gbps 5.6Tbps
ポート密度 100GbE 4 8 56
ポート密度 40GbE 10 20 140
ポート密度 10GbE 40 80 560
電源タイプ AC/DC
サポートプロトコル 10G LAN/WAN、OC-192、STM-64、OTU2
100Gbps、OTU4
200Gbps、OTU4
管理 CLI、SNMP、NETCONF/YANG

Juniper BTIシリーズの概要

分散型クラウド環境において、データセンター間接続帯域を迅速かつ高効率に拡張・制御するために設計されたオープンでプログラム可能なパケットオプティカル技術のソリューションを提供します。これによりクラウド プロバイダーは、大容量コヒーレント光伝送および最適化されたパケット伝送、仮想化、そしてそれらの制御技術を組み合わせることにより柔軟かつ多様なデータセンター間相互接続の実現が可能となります。

bti1.png

Juniper BTIシリーズの特徴

多様かつ柔軟な接続構成に対応

クラウド プロバイダとIX事業者は、ビジネスのペースに合わせてイノベーションを進めることができます。オープンで、相互接続可能で、セキュアなデータ センター相互接続では、コヒーレントWDM を、MXシリーズ ルーターや QFX10000スイッチに統合したり、BTI7800パケット光伝送プラットフォームに導入したりできます。

bti2-1.png

  • ルーターと伝送の分離(現行トポロジーの維持)
  • 物理的なレイヤー分離を提供
  • 高収容、マルチプロトコル対応
  • IPとオプティカルの各レイヤーで個別最適な製品を導入可能

bti2-2.png

bti2-3.png

  • ルーターにトランスポンダ機能を統合
  • 用品点数減によるTCO削減
  • 専用プラットフォームが不要なトランスポンダソリューション
  • ルーターからオプティカルレイヤーを可視化(例:Pre-FEC FRR)

クラウドサービスの効率的な導入と拡張

サービス プロバイダは、共有または専用のインフラストラクチャで競争力の高いクラウド サービスを提供できます。データセンター間相互接続に、DisaggregatedモデルやIntegratedモデルといった複数のアプローチを適用し、MXシリーズ、QFX10000、BTI7800を使用することにより、任意のレイヤーで地理的に分散したクラウドサービスを新たに作成し、ネットワークの可視化と制御をエンドツーエンドで実行できます。

bti3.png

共通の管理と制御

さまざまなプラットフォームを対象とした共通の管理と制御を提供し、一貫性のある運用モデルを提供します。光サービスのプロビジョニングと管理用にproNX サービス マネージャーが利用可能です。

Juniper製品ラインナップ

10Gインタフェース用プラットフォーム

100G超インタフェース用プラットフォーム

運用監視アプリケーション

資料請求・お問い合わせ

最速でスケーラブルなDDoS攻撃からの保護ソリューション Juniper TDD - Threat Defense Director