Juniper EXシリーズ EX4600

Juniper EX4600の概要

EX4600は、10Gbps、40Gbpsを高密度で収容可能なコンパクト1Uスイッチです。すべてのポートでワイヤレートでの転送が可能なため、ボックス型スイッチとしては業界トップクラスのパフォーマンスを提供します。

Juniper EX4600の特徴

バーチャルシャーシと「Junos® OS」による可用性

バーチャルシャーシ技術により、最大10台のEX4300、EX4600を一台の論理デバイスとして管理することができます。コンパクトなプラットフォームで、従来のシャーシ型システムと同様のパフォーマンスを実現します。バーチャルシャーシ技術を利用してネットワークの構築を行うことで、必要最小限の構成でのスモールスタートが可能です。必要に応じて簡単に拡張することができます。

また、「EX4600」に搭載されているJunos® OSは、ルーター(M、T/TX、MX)、スイッチ(QFX、EX)、サービスゲートウェイ(SRX)シリーズ共通で搭載しているため、ネットワークインフラ全体に一貫性を保つことができます。シンプルなOSに統一することで、ネットワークインフラ管理にかかるコストや時間を抑えます。

安全なソフトウエアアップデート

安全なソフトウエアアップデート

お客様の事業を止めることなく、常に最新ソフトウエアを利用いただくために「トポロジー非依存型インサービス・ソフトウエア・アップグレード(TISSU)」機能(以下、TISSU機能)を搭載しています。

TISSU機能を利用することによって、ボックス型スイッチ単独で通信に影響を与えることなくソフトウエアのアップグレードを行うことが可能となります。

ネットワークの内部を分析する「Analytics」機能

ネットワークの内部を分析する「Analytics」機能

ネットワーク管理者が、ネットワーク内部のトラフィックについてより精度の高い分析をできるように「Analytics」機能を搭載しています。「Analytics」機能を利用することにより、トラフィック情報を細かくモニタリングすることができるため、タイムリーなホットポイント(マイクロ・バースト・バッファオーバーフロー)を可視化することが可能です。

また、アプリケーション単位で発生したログをCLI、syslog、streming (JSON、CSV、TSVファイル)でレポートすることもできます。

バーチャルシャーシ構成例

バーチャルシャーシ構成

  • 任意の10G/40Gポートにて構成可能
  • 最大10台までサポート
  • リング構成/メッシュ構成など制約なし
  • EX4300、EX4600と混在構成が可能

バーチャルシャーシ構成

Juniper EX4600データシート

Juniper EX4600の製品仕様

EX4600外観図

サイズ(RU) 1RU
最大スループット 1.44Tbps
冗長性 電源(内部)/FAN
最大ポート数  
10/100/1000 Base-T 40
100M/1G/10G Base-T -
1G SFP 40
10G SFP+ 72
40G QSFP+ 12
PoE -
固定ポート数  
10/100/1000 Base-T -
100M/1G/10G Base-T -
1G SFP 24
10G SFP+
40G QSFP+ 4
電源タイプ AC/DC
最大VLAN設定数 4,091
MACエントリー数 288,000
IPv4Static 128,000(preifx)
IPv6Static 64,000(prefix)
ARPエントリー数 48,000

Juniper EXシリーズの概要

ジュニパーEXシリーズは、世界各国の通信事業者やサービスプロバイダーで豊富な導入実績を誇る高信頼のモジュラー型OS「Junos OS」を搭載し、キャリアクラスのルーティングやスイッチングの機能を有したレイヤー2/レイヤー3イーサネットスイッチです。

EXシリーズは「高性能」「高速」「低遅延」なネットワーク構築を実現すると同時に、ジュニパー独自のバーチャル・シャーシ(VC)技術により、初期投資コストを最小限に抑え、将来のネットワーク拡張に備えることが可能です。

さらに、ネットワークに対するニーズが多様化するなか、オフィスからデータセンターまでの幅広いシチュエーションに対応可能な製品ラインナップを揃えており、個々のお客様の要件に応じたネットワーク構築を実現します。

Juniper EXシリーズの特徴

バーチャル・シャーシ(VC)対応 ~最大10台の機器を集中管理~

組み合わせパターン

最大10台
EX3300
EX4200
EX4550
最大10台
EX4300
EX4600
最大10台
QFX5100
最大2台
EX9200

EXシリーズはバーチャル・シャーシ(VC)技術に対応しています。

最大10台までのスイッチを相互接続して、1台の論理デバイスとして動作させることができるジュニパーネットワークスの独自の技術です。管理スイッチの台数が削減により、運用管理者の負荷を軽減することができます。また、ネットワーク導入時には、ネットワークの簡素化を図りながら、柔軟な構成が可能です。

メリット

  • 運用の負荷軽減
  • 管理デバイスの圧倒的な削減
  • 1台の論理デバイスとして統一管理
  • 優れた拡張性
  • シームレスで緩やかな1GEから10GEへの移行
  • 冗長によるL2 Loopからの解放
  • 柔軟な機器構成
  • EXシリーズだけではなく、VC対応の互換性のあるスイッチと組み合わせて利用することが可能

ジュニパーのバーチャルシャーシ

キャリアクラスの信頼性

EXシリーズは、スタンドアローン型スイッチにもシャーシ型システム同等のHA機能を搭載しています。

バーチャル・シャーシ構成を組む場合、マスターとバックアップ以外のスイッチはラインカードと同等の役割を担い、マスターのルートエンジンが故障した場合等に、新たなバックアップ用に置き換わります。

定評のあるJunos OSやレイヤー2/レイヤー3フェールオーバー機能との連携により、真にキャリアクラスと呼ぶにふさわしい信頼性を実現します。

いかなるときも止まらない Non Stop Routing(NSR)

バーチャル・シャーシを構成するマスターREとバックアップRE間でシャーシ情報や経路情報に加えて、プロトコルステートなどのデータベースを同期することができます。

そのため、トラブルが発生してもパケットロスなしで経路制御やフォワーディングを継続することができ、いかなるときでも止まらないネットワーク環境を提供します。

Juniper製品ラインナップ

Stand alone model (Small)

Stand alone model (Middle)

Chassis model

小規模大規模

日商エレクトロニクスが選ばれる理由

日商エレクトロニクスが選ばれる理由

ジュニパーが提唱する先進のネットワーク、
その普及を支える日商エレクトロニクス

詳しく見る

資料請求・お問い合わせ