Juniper MXシリーズ vMX (virtual MX)

Juniper製品ラインナップ

Carrier grade & Scale up

Cloud grade & Scale up

Scale out & Distributed

Juniper vMXの概要

vMXは、x86サーバー上でソフトウェアとして実行するために最適化された、真のMX シリーズ 3D ユニバーサル エッジ ルーターです。そのキャリアクラスのルーティングとネットワークに特化したサービスを提供するDevOpsスタイルにより、サービスプロバイダや企業は迅速かつ経済的に要件を満たすことができます。

用途

  • クラウドCPE、クラウドPE、サービスチェイニングGW
  • ルートリフレクター、データセンターGW、ブランチルーター、検証環境
  • VPC GW、VXLAN GW

アーキテクチャと主要コンポーネント

vMXは、VCPとVFPで構成された標準のx86サーバーで動作します。100Mbps、1Gbps、10Gbps等のライセンスソフトウェアとして提供されます。

仮想ルーターのメリット

x86環境で導入可能

  • ハードウェアコスト低減
  • 高価な保守部品が不要
  • 設置ファシリティの制約から開放
  • ハードウェア保守に特別なスキルが不要

初期投資が抑制可能(スモールスタート)

将来需要を見越した大がかりな初期設備投資が不要なため、スモールスタートができます。加えてビジネス拡大に応じて増強が行えますので、投資と収益のバランスがとりやすくなります。

投資リスクの低減

市場の変化により需要が減少した場合でも、x86サーバや仮想ルーターのライセンスは多目的への転用が容易ですので、資産が無駄にならないよう投資を保護できます。ジュニパーの場合、パーペチュアルライセンスとサブスクリプションライセンスの2種類をご用意しておりますので、サブスクリプションの場合、更新をストップすることで支出を止められます。

新しいサービス用に素早く利用可能

仮想ルーターを使用すると、既存の物理ルーターの設定等を変更せずに、新たなサービス用にルーター機能を迅速に立ち上げることが可能です。

サービスチェイニングが容易(NFV)

オーケストレーションツールを使用することにより、ファイアウォール、ロードバランサ、キャッシュなど他の仮想化されたネットワークエッジ機能と同じくサービスチェーンを動的に作成できます。自動化により手動介入が不要になり、仮想サービスの導入時間が大幅に短縮されます。

Juniper vMXの特徴

優れた互換性と一貫性

vMXは、MX物理ルータと同じJunos OSとJunos Trioチップセットマイクロコードを利用しているため、MXシリーズとの完全な互換性と相互運用性があります。また、vMXとMX間の運用の一貫性が保たれますので、検証や導入にかかる時間とリスクも軽減されます。

  • 既存ジュニパーユーザーは新たなトレーニングが不要
  • vMXでスタート、高度な転送処理が必要になったらMXへ移行も柔軟に可能

キャリアクラスのルーティング

vMXは、MXとほぼ同じ機能が利用できる真のキャリアクラス ルーターです。これら機能には以下が含まれます。

  • 豊富なIPv4/IPv6機能
  • L2(VPLS、L2VPN、およびEVPN)
  • L2.5/MPLS(CoS/QoSを使用したLDP、RSVP、P2MP LDP、およびRSVP)
  • L3(CoS/QoSを使用したユニキャストおよびマルチキャストL3VPN)でのVPN サポート
  • 様々なマルチキャスト技術術(PIM、IGMP、MLD、マルチキャストGRE)

スケールアウトモデル

ネットワークの成長に合わせて、vMX ではデータプレーンとコントロールプレーンを効率よく個々に拡張でき、非常に大規模なフォワーディングテーブルや大量のフローに対処できます。

俊敏なサービス導入と変更

vMX は、標準のx86ベースのサーバーに簡単に配備できるため、通常は物理ルーターに関連して必要となる広範囲に及ぶファシリティやプラットフォーム認定プロセスをなくすことができます。よってサービスの需要予測と実需の格差に対し、システム容量をきわめて簡単に増減できます。

Juniper vMXデータシート

Juniper vMXが適合するケース

転送性能よりコントロールプレーン処理のスケールが求められる場合に最適

ネットワーク機能がデータセンターに集中化されている環境

他顧客とのサービス分離が望まれる場合

  • 特定顧客向けハイバリューサービス
  • ベストエフォートサービスからの分離

具体利用例

新しいアプリケーション

  • クラウドCPE(vCPE)
  • クラウドPE(vPE)
  • サービスチェイニング GW
  • VPC GW、VXLAN GW

従来用途の置き換え

  • ルートリフレクタ
  • DC GW、SDN GW
  • ブランチルーター
  • ラボやPoC環境

ダウンロード資料