Juniper MXシリーズ MX960

Juniper製品ラインナップ

100Mbps~160Gbps

vMX

小規模大規模

Juniper MX960の概要

MX960は、MXシリーズのハイエンドモデルとなり、最大10.56Tbpsのパケット転送量と16ラックユニットの筐体は12のライン・カード・スロットをサポートします。MX240/MX480と同様に、制御機能と転送機能を分離することで最大の拡張性とインテリジェントなサービス配信機能を提供します。MX960は、高密度で高容量のプラットフォームを実現し、サービス プロバイダ エッジ およびデータ センター コア向けに設計されています。

用途

  • 小規模から大規模のPOPにおけるサービスプロバイダーアプリケーション
  • サービスプロバイダーエッジ
  • データセンター相互接続
  • 高い可用性と安定性を求めるアクセスアグリゲーション
  • データセンターコア

Juniper MX960の特徴

優れたネットワーク可用性

真のキャリアグレード プラットフォームであり、階層型の物理的、論理的、プロトコルレベルの耐障害性オプションにより、ノンストップのネットワーク可用性を保証します。

優れた仮想ネットワークサービス

Junos OS ベースの仮想ネットワーク サービスは、フォワーディング性能に影響を与えることなく、費用対効果の高いルーター統合サービス拡張を実現します。

ブロードバンド エッジ機能

ブロードバンド サービスをプロビジョニングできる、強力なブロードバンド ネットワーク ゲートウェイ(BNG)を提供。

ビジネス エッジ機能

革新的なサービスの提供に必要となる、機能豊富で標準に準拠し、安全な相互作用と効率化された運用を実現する、包括的な VPN ツールキットを提供。

メトロ イーサネット機能

IP/IP VPN エッジ ルーターや VPLS プロバイダ エッジ ルーター(VPLS–PE)、MPLSラベルスイッチング ルーター(LSR)、L2 スイッチ、またはモバイル、固定、ケーブル · ネットワークの L3 ルーターとして、柔軟な実装が可能。

ユニバーサルSDNゲートウェイ

幅広いSDN およびカプセル化プロトコルに対応しているため、物理ネットワークと仮想ネットワーク間の橋渡しを行う SDN ユニバーサル ゲートウェイとして最適です。

Juniper MX960データシート

Juniper MX960の製品仕様

サイズ(RU) 16RU
最大スループット 10.56Tbps
冗長性 電源、FAN、RE、SCB
ポート数  
1GE 440
10GE 440
40GE 132
100GE 44
その他インターフェース  
SONET
ATM
WDM
MICスロット数 2/MPC
DPC/MPCスロット数 12/シャーシ
電源タイプ AC/DC

日商エレクトロニクスが選ばれる理由

日商エレクトロニクスが選ばれる理由

ジュニパーが提唱する先進のネットワーク、
その普及を支える日商エレクトロニクス

詳しく見る

資料請求・お問い合わせ