Juniper QFXシリーズ QFX10008/10016

Juniper製品ラインナップ

QF / Node・Standalone

QFX10000 Line

中規模大規模

Juniper QFX10008/10016の概要

ジュニパーネットワークスQFX10008/10016は、ジュニパーネットワークスの新型Q5チップを搭載した初のデータセンター・スイッチです。専用ASIC(カスタムIC)によって高いポート密度とパフォーマンスを実現し、パブリック/プライベート・データセンターやクラウド環境の利用などで増え続けるネットワークのトラフィックに効率的に対応します。

Juniper QFX10008/10016の特徴

業界をリードする拡張性とポート密度による長期的な投資保護

100GEポート業界最高密度のシャーシ型・データセンター・スイッチです。一台の筐体内で10GEから40GE、100GEへシームレスにアップグレードができます。ビジネス成長に合わせて必要なポート選択をシームレスに行うことができるため、初期導入後も長期的な投資効果を期待できます。

専用チップセット「Q5 ASIC」の実装による優れたパフォーマンス

新しい専用チップセットQ5 ASICにより、ネットワークアナリティクスや設定の自動化の機能が向上しました。 Q5 ASICは、多様で要求の多いアプリケーションをサポートする大きなバッファとアーキテクチャーを搭載しています。ビッグデータ、ビデオ、およびIPストレージなどのトラフィックが増大するネットワーク環境においても、信頼性の高いパフォーマンス、SDN対応を視野に入れた柔軟なスケーラビリティを発揮します。

優れた拡張性と運用自動化に対応する新イーサネット・ファブリック技術「Junos Fusion®」

最新のデータセンター向けイーサネット・ファブリック技術である「Junos Fusion®」は、「QFabric System」や「バーチャルシャーシファブリック(VCF)」などのファブリックソリューションでジュニパーネットワークス製品がこれまで提供してきた、柔軟性、拡張性、運用の簡易性といった価値をオープンな業界標準技術で提供する新しいアーキテクチャーです。 データセンター全体を個々のネットワーク要素ではなく単一のプラットフォームにすることで、新規ネットワークの作成と設定を自動化し、設定エラーのリスクを軽減します。 QFX10008/100016は、「Junos Fusion®」のスパイン・スイッチに対応しています。

動画で理解するJuniper Networks製品 QFX10008

Introducing the QFX10008 modular data center core switch

Introducing the QFX10008 modular data center core switch

Juniper QFX10008/10016データシート

Juniper QFX10008/10016の製品仕様

QFX10008/10016 ラインナップ QFX10008 QFX10016
QFabricSystem -
単体利用
サイズ(RU) 13RU 21RU
最大スループット ルーティング 86.4Tbps 172.8Tbps
冗長性 電源、FAN
最大ポート数    
100M/1G/10G Base-T - -
1G SFP - -
10G SFP+ 1,152 2,304
40G QSFP+ 288 576
100G CFP 240 480
固定ポート数 (※)QFX10000ラインカード参照
100M/1G/10G Base-T
1G SFP
10G SFP+
40G QSFP+
100G CFP
電源タイプ AC/DC
最大VLAN設定数 16,000
MACエントリー数 1,000,000
IPv4Static 256,000
IPv6Static 256,000
ARPエントリー数 256,000

QFX10000 ラインカード(※)

QFX10000-36Q 40G QSFP+:36-port (or) 100G QSFP28:12-port
QFX10000-30C 100G QSFP28:30-port (or) 40G QSFP+:24-port+100G QSFP28:6-port
QFX10000-60S-6Q QFX10000-60S-6Q 1/10G SFP:60-port (or) 40G QSFP+:6-port or 100G QSFP28:2-port

ダウンロード資料