Juniper EXシリーズ EX9200

Juniper EX9200の概要

EX9200は、プログラミング可能なパケット転送エンジンを備えたジュニパーネットワークス開発のカスタムASIC「Juniper One Programmable ASIC」をベースに構成されたデータセンター/キャンパスネットワーク向けプログラマブル・コアスイッチです。

Juniper EX9200の特徴

ルータークラスの信頼性を提供

同社のユニバーサル・エッジルーター MXシリーズと同一の筐体を採用しており、従来のEXシリーズラインナップでは非対応であったMPLS/VPLS(※)、MC-LAGなどの機能にも対応しています。
さらに、EX9200はプログラミング可能なパケット転送エンジンを備えたジュニパーネットワークス開発のカスタムASIC「Juniper One Programmable ASIC」をベースに構成されており、将来的なSDNプロトコルへの移行もサポートするSDN対応スイッチとして設計されているため、将来性にすぐれ柔軟なスケールアウトができる製品です。

(※) MPLS/VPLSの利用には、別途AFLライセンスの購入が必要です。

Juniper EX9200データシート

Juniper EX9200の製品仕様

EX9200 ラインナップ EX9204 EX9208 EX9214
サイズ(RU) 5RU 8RU 16RU
最大スループット 3.2Tbps 9.6Tbps 13.2Tbps
冗長性 電源/RE/SF/FAN
最大ポート数      
10/100/1000 Base-T 120 240 480
100M/1G/10G Base-T - - -
1G SFP 120 240 480
10G SFP+ 96 160 320
40G QSFP+ 18 36 72
100G CFP 6 10 20
電源タイプ AC/DC
最大VLAN設定数 32,000
MACエントリー数 1,000,000
IPv4Static 256,000
IPv6Static 256,000
ARPエントリー数 256,000

EX9200 ラインカード

EX9200-40T 10/100/1000Base-T:40-port
EX9200-40F 1G SFP:40-port
EX9200-32XS 10G SFP+:32-port
EX9200-4QS 40G QSFP+:4-port
EX9200-2C-8XS 10G SFP+:8-port
100G CFT:2-port

Juniper EXシリーズの概要

ジュニパーEXシリーズは、世界各国の通信事業者やサービスプロバイダーで豊富な導入実績を誇る高信頼のモジュラー型OS「Junos OS」を搭載し、キャリアクラスのルーティングやスイッチングの機能を有したレイヤー2/レイヤー3イーサネットスイッチです。

EXシリーズは「高性能」「高速」「低遅延」なネットワーク構築を実現すると同時に、ジュニパー独自のバーチャル・シャーシ(VC)技術により、初期投資コストを最小限に抑え、将来のネットワーク拡張に備えることが可能です。

さらに、ネットワークに対するニーズが多様化するなか、オフィスからデータセンターまでの幅広いシチュエーションに対応可能な製品ラインナップを揃えており、個々のお客様の要件に応じたネットワーク構築を実現します。

Juniper EXシリーズの特徴

バーチャル・シャーシ(VC)対応 ~最大10台の機器を集中管理~

組み合わせパターン

最大10台
EX3300
EX4200
EX4550
最大10台
EX4300
EX4600
最大10台
QFX5100
最大2台
EX9200

EXシリーズはバーチャル・シャーシ(VC)技術に対応しています。

最大10台までのスイッチを相互接続して、1台の論理デバイスとして動作させることができるジュニパーネットワークスの独自の技術です。管理スイッチの台数が削減により、運用管理者の負荷を軽減することができます。また、ネットワーク導入時には、ネットワークの簡素化を図りながら、柔軟な構成が可能です。

メリット

  • 運用の負荷軽減
  • 管理デバイスの圧倒的な削減
  • 1台の論理デバイスとして統一管理
  • 優れた拡張性
  • シームレスで緩やかな1GEから10GEへの移行
  • 冗長によるL2 Loopからの解放
  • 柔軟な機器構成
  • EXシリーズだけではなく、VC対応の互換性のあるスイッチと組み合わせて利用することが可能

ジュニパーのバーチャルシャーシ

キャリアクラスの信頼性

EXシリーズは、スタンドアローン型スイッチにもシャーシ型システム同等のHA機能を搭載しています。

バーチャル・シャーシ構成を組む場合、マスターとバックアップ以外のスイッチはラインカードと同等の役割を担い、マスターのルートエンジンが故障した場合等に、新たなバックアップ用に置き換わります。

定評のあるJunos OSやレイヤー2/レイヤー3フェールオーバー機能との連携により、真にキャリアクラスと呼ぶにふさわしい信頼性を実現します。

いかなるときも止まらない Non Stop Routing(NSR)

バーチャル・シャーシを構成するマスターREとバックアップRE間でシャーシ情報や経路情報に加えて、プロトコルステートなどのデータベースを同期することができます。

そのため、トラブルが発生してもパケットロスなしで経路制御やフォワーディングを継続することができ、いかなるときでも止まらないネットワーク環境を提供します。

Juniper製品ラインナップ

Stand alone model (Small)

Stand alone model (Middle)

Chassis model

小規模大規模

ケーススタディ

日商エレクトロニクスが選ばれる理由

日商エレクトロニクスが選ばれる理由

ジュニパーが提唱する先進のネットワーク、
その普及を支える日商エレクトロニクス

詳しく見る

資料請求・お問い合わせ