Juniper MXシリーズ MX2020

Juniper製品ラインナップ

100Mbps~160Gbps

vMX

小規模大規模

Juniper MX2020の概要

MX2020は、MXシリーズの最上位モデルとなり、80Tbpsまでの拡張性を備え、現在入手可能な最高の容量、性能、密度を実現する、シングルシャーシのエッジ・ルーティング・プラットフォームです。20のライン・カード・スロットを搭載するMX2020は、超高密度の10GbE、40GbE、100GbEインターフェースだけでなく、レガシーのSONET/SDH、ATM、PDH接続にも対応。 また、ブロードバンド・サブスクライバ管理や、厳しいモバイルサービス要件に対応する、高度なタイミングと仮想化の機能もサポートしています。 高い拡張性と業界トップクラスの機能セットを持つMX2020は、エッジ、統合エッジ、コア、さらにはコアアプリケーションにも最適です。

用途

  • 統合エッジ、さらにはコアアプリケーション

Juniper MX2020の特徴

トップレベルのフル機能搭載エッジルーター

MX2020は、あらゆるエッジ機能を必要とする業界向けに提供される、シングルシャーシで最高容量(100GbE x320ポート、40GbE x480ポート、10GbE x1920ポート)のエッジルーターです。

比類ないネットワーク可用性

N+1のファブリック冗長性、コントロールプレーン冗長性、N+Nの電源フィード冗長性、さらにはハーフラック当たりN+1の電源モジュール冗長性を備えたMX2000シリーズは、ノンストップのネットワーク可用性を実現する真のキャリアグレードプラットフォームです。

広範なビジネスエッジ機能

包括的なVPNツールキットが用意されており、革新的なビジネスサービス向けに多機能かつセキュアな標準ベースの相互連携をサポートしています。基本的なレイヤー3 VPN、レイヤー2 VPN、VPLSのサポートに加えて、MX2000シリーズは拡張VPNサービスも提供します。

メトロ イーサネット機能

ルーティングおよびスイッチングのフル機能を搭載しており、メトロネットワークやアグリゲーションネットワーク向けに優れたサポートを提供します。

ユニバーサルSDNゲートウェイ

SDNゲートウェイとしての主要な特長として、MBGPのサポート、MPLS-over-GREまたはVXLANカプセル化による動的なトンネル、VRFテーブルまたはE-VPN、Netconfに加えて、設定やポリシーに基づいてVRFとグローバルルーティングテーブル間でトラフィックを送信するメカニズムもサポートしています。

Juniper MX2020データシート

Juniper MX2020の製品仕様

サイズ(RU) 45RU
最大スループット 80Tbps
冗長性 電源、FAN、RE、SFB
ポート数  
1GE 800
10GE 1920
40GE 480
100GE 320
その他インターフェース  
SONET
ATM
WDM
MICスロット数 2/MPC
DPC/MPCスロット数 20/シャーシ
電源タイプ AC/DC

日商エレクトロニクスが選ばれる理由

日商エレクトロニクスが選ばれる理由

ジュニパーが提唱する先進のネットワーク、
その普及を支える日商エレクトロニクス

詳しく見る

資料請求・お問い合わせ