Juniper QFXシリーズ QFX10002

Juniper QFX10002の概要

ジュニパーネットワークス QFX10002 シリーズは、40GbE/100GbEポートを高密度に集約可能なデータセンタースイッチです。カスタム設計のQ5 ASICによって高い性能と汎用性を備えており、今日のデータセンターの基盤を提供するとともに、新しい要件に応えて長期の投資保護を実現します。

Juniper QFX10002の特徴

業界をリードする拡張性とポート密度による長期的な投資保護

QFX10002は、100GEポート業界最高密度の2Uコンパクト・データセンター・スイッチです。一台の筐体内で10GEから40GE、100GEへシームレスにアップグレードができます。ビジネス成長に合わせて必要なポート選択をシームレスに行うことができるため、初期導入後も長期的な投資効果を期待できます。

専用チップセット「Q5 ASIC」の実装による優れたパフォーマンス

QFX10002に搭載された新しいチップセットQ5 ASICにより、ネットワークアナリティクスや設定の自動化の機能が向上しました。 Q5 ASICは、多様で要求の多いアプリケーションをサポートする大きなバッファとアーキテクチャーを搭載しています。ビッグデータ、ビデオ、およびIPストレージなどのトラフィックが増大するネットワーク環境においても、信頼性の高いパフォーマンス、SDN対応を視野に入れた柔軟なスケーラビリティを発揮します。

優れた拡張性と運用自動化に対応する新イーサネット・ファブリック技術「Junos Fusion®」

最新のデータセンター向けイーサネット・ファブリック技術である「Junos Fusion®」は、「QFabric System」や「バーチャルシャーシファブリック(VCF)」などのファブリックソリューションでジュニパーネットワークス製品がこれまで提供してきた、柔軟性、拡張性、運用の簡易性といった価値をオープンな業界標準技術で提供する新しいアーキテクチャーです。 データセンター全体を個々のネットワーク要素ではなく単一のプラットフォームにすることで、新規ネットワークの作成と設定を自動化し、設定エラーのリスクを軽減します。 QFX10002は、「Junos Fusion®」のスパイン・スイッチに対応しています。

動画で理解するJuniper Networks製品 QFX10002

Juniper QFX10002 and 100GbE in the Data Center

Juniper QFX10002 and 100GbE in the Data Center

Juniper QFX10002データシート

Juniper QFX10002の製品仕様

QFX10002 ラインナップ 36Q 72Q
QFabricSystem -
単体利用
サイズ(RU) 2RU
最大スループット ルーティング 2.88Tbps 5.76Tbps
冗長性 電源、FAN
最大ポート数    
100M/1G/10G Base-T - -
1G SFP - -
10G SFP+ 144 288
40G QSFP+ 36 72
100G CFP 12 24
固定ポート数    
100M/1G/10G Base-T - -
1G SFP - -
10G SFP+ - -
40G QSFP+ 36 72
100G CFP - -
電源タイプ AC/DC
最大VLAN設定数 4,000
MACエントリー数 256,000 512,000
IPv4Static 256,000
IPv6Static 256,000
ARPエントリー数 144,000 256,000

Juniper QFXシリーズの概要

ジュニパーネットワークスのQFXシリーズは、データセンターネットワーク向けに最適化されたファブリック・スイッチです。SpineからLeafまで、幅広い要件・多様なアーキテクチャに対応しています。

QFXシリーズは、ジュニパーネットワークスの共通OSである「Junos OS」を搭載し、サービスプロバイダやデータセンターなどのミッションクリティカルな環境において、優れたスケーラビリティ、アジリティ、プログラマビリティ性能を発揮します。

また、Spine-Leafモデルの採用により、多階層構成によるネットワークの遅延やスケールアウトの制限を解放し、低遅延でフラットなネットワークを構成できます。データセンター内を流れるトラフィックを最適化・高速化することで、運用効率を大幅に高め、お客様のOPEX低減に大きく寄与します。

Juniper QFXシリーズの特徴

バーチャル・シャーシ・ファブリック(VCF)対応 ~最大20台の機器を集中管理~

組み合わせパターン

Spine
QFX5100
Leaf
EX4300
QFX5100

バーチャル・シャーシ・ファブリック(VCF)は、Spine-Leaf構成の新しいアーキテクチャです。

Spineとなるスイッチが、ファブリック全体のコントロールプレーンとして機能することで、最大20台のスイッチを一元管理しシンプルな運用を実現します。

また、Leafに他シリーズのスイッチ製品を選択可能なため、ビジネススケールに応じた柔軟な機器構成が可能です。資産を有効活用できコスト削減につながります。

OSアップデートをより快適に

Topology Independent in-Service Software Upgrade(TISSU)

QFX5100は、JunosOSを筐体内でハイパーバイザー環境上に、バーチャルOSとして搭載しています。

OSアップデートの際に発生するインパクトを低減し、アップグレードをより快適に実行できます。

使用プロトコルやファブリック・アーキテクチャに依存せず、レイヤー2/レイヤー3などのいかなる構成でも使用することが可能です。

Juniper製品ラインナップ

中規模大規模

ダウンロード資料