Juniper Tシリーズ T4000

Juniper T4000の概要

Tシリーズで最大の容量を持つハーフラックサイズのコアルーターです。スロットあたりの処理能力がT1600の100Gbpsから260Gbpsへ2倍以上に拡張されますが、消費電力は25%の増加に抑えられています。208/384個の10GbE(ライン レート/オーバーサブスクリプション)または、16個の100GbEポートをサポートし、TXマトリクスプラスによるマルチシャーシー構成に拡張することで、T4000を最大4台連結しシステム容量を16Tbpsまで段階的にスケール可能です。

Juniper T4000の特徴

マトリックステクノロジ~マルチテラビットの実現

新たに開発したマトリックステクノロジにより、T4000を内部接続することで単一のルーティングプラットフォーム上にて、マルチテラビットレートへの拡張を実現し、超高速、大容量のIPバックボーンへの設備投資を極めて効率的行うことができます。

最速のパフォーマンスを実現した画期的なアーキテクチャ

T4000は、ルーティングとフォワーディングを明確に分割したアーキテクチャとなっています。ルーティング処理を実行するルーティングエンジンは、高性能のCPUと将来への拡張性を見据えた大容量メモリーを搭載し、100万以上の経路情報の処理であっても、超高速にストレスなく実行することが可能です。万が一の障害発生時のために冗長構成を取ることも可能です。

最適なMPLSプラットフォーム

IPインフラ上でマルチサービスを提供可能な最先端のMPLSプラットフォームを実現します。MPLSを用いることで、サービスプロバイダーは既存のATMやフレームリレー、更にはアクセス回線において急速に普及が進んでいるEthernet等々の多様なインフラストラクチャをMPLSベースのネットワークに効率的にマイグレートすることが可能となります。

Juniper T4000データシート

Juniper T4000の製品仕様

サイズ(RU) 21RU
最大スループット 3.84Tbps
冗長性 電源、FAN、RE、CB、SIB
最大ポート数  
FE -
1GE 320
10GE 208/384(超過)
40GE 16
100GE 16
固定ポート数  
SONET
ATM
WDM
PICスロット数 4/FPC(FPC1/2/3)
1~2/FPC(FPC4) 2/FPC(FPC5)
FPCスロット数 8
電源タイプ DC

日商エレクトロニクスが選ばれる理由

日商エレクトロニクスが選ばれる理由

ジュニパーが提唱する先進のネットワーク、
その普及を支える日商エレクトロニクス

詳しく見る

資料請求・お問い合わせ