Juniper QFXシリーズ QFX3600-I (販売終了)

Juniper製品ラインナップ

中規模大規模

Juniper QFX3600-Iの概要

ジュニパーネットワークス QFX3600-Iは、QF/Interconnectとして動作し、QFabric構成要素QFX3000-Mのうち、バックプレーンの役割を担います。QFX3008のコンパクトタイプとなり、1Uサイズに40GbEのQSFPを16ポート収容可能です。QF/Nodeからのアップリンクポートとして16ポート確保可能(=QF/Nodeを16式接続可能)です。それに伴い、サーバーファームへのダウンリンクポートとして最大768ポート(SFP+×48ポート×16式)の10GbEを確保できるため、中小規模データセンターに最適です。QF/Director、QF/Nodeとの連携により、高密度収容かつ高速転送が可能なバックプレーンとして、データセンター全体を支えます。

Juniper QFX3600-Iの特徴

高いパフォーマンス

QFX3600-Iは、1.28Tbpsのファブリック容量があり、4つのQFX3600-Iを接続することで、QFabricのバックプレーンとして、5.12Tbpsのファブリック容量を提供します。

低遅延

QFX3600-Iは、QFabric構成時のポート間通信遅延を3マイクロ秒以下に抑えます。

冗長性

QFX3600-Iは、2つの電源モジュール、3つのFANモジュールを搭載し、内部コンポーネントの冗長性を確保しています。

拡張性

QF/InterconnectであるQFX3600-IをQFX3008に変更することで、QFX3000-M(※1)システムからQFX3000-G(※2)システムへ移行することが可能なため、既存資産を有効活用した拡張性を提供することが可能です。

(※1)QFX3000-Mは、QF/Interconnect部分にQFX3600-Iを利用したファブリックシステムです。10GbEポートを最大768ポート収容可能なシステムで、中小規模データセンターに最適です。
(※2)QFX3000-Gは、QF/Interconnect部分にQFX3008を利用したファブリックシステムです。10GbEポートを最大6,144ポート収容可能なシステムで、大規模データセンターに最適です。

QFabric構成例

QFX3000-M 6:1オーバーサブスクリプション構成

QFX3000-M 6:1オーバーサブスクリプション構成

QFX3000-M 3:1オーバーサブスクリプション構成

QFX3000-M 3:1オーバーサブスクリプション構成

QFX3000-M 1:1ノンオーバーサブスクリプション構成

QFX3000-M 1:1ノンオーバーサブスクリプション構成

Juniper QFX3600-Iの製品仕様

QFX3600-I外観図

QFX3600外観図

QFabricSystem QF/Interconnect
単体利用 -
サイズ(RU) 1RU
最大スループット 5.12Tbps
冗長性 電源、FAN
最大ポート数  
100M/1G/10G Base-T -
1G SFP -
10G SFP+ -
40G QSFP+ 16
100G CFP -
固定ポート数  
100M/1G/10G Base-T -
1G SFP -
10G SFP+ -
40G QSFP+ 16
100G CFP -
電源タイプ AC/DC
最大VLAN設定数 -
MACエントリー数 -
IPv4Static -
IPv6Static -
ARPエントリー数 -

ダウンロード資料