Juniper PTXシリーズ PTX1000

Juniper PTX1000の概要

PTX1000は、2RUという超コンパクトなシャーシーで3Tbpsのスループットをサポートする業界で最も小型となる固定構成型コアルーターです。PTX3000/5000同様にカスタムExpressPlusシリコンを搭載し、高いパフォーマンスを実現しながらスペースと電力要件が低いPTX1000により、クラウド・コンテンツ・プロバイダーはコアアーキテクチャーを多数のサイトに容易に分散可能となります。

コンテンツの近くにアクセスを寄せることで、固定およびモバイルからのアクセスに対し応答時間を短縮可能となり、また、ネットワーク全体にわたる帯域需要の最適化が図れます。クラウドサービスへのアクセススピードを向上を目的とした分散型ピアリングを実現する最適なプラットフォームとしてPTX1000は威力を発揮いたします。

用途
・ピアリングルーター

Juniper PTX1000の特徴

システム容量

PTX1000は、単一シャーシで2.88Tbpsの容量を誇り、288個の10GbE インターフェイス、72個の40GbEインターフェイス、24個の100GbEインターフェイスに対応可能。増大するトラフィック需要に対し十分ななパフォーマンスとスケーラビリティを提供します。

可用性に優れたハードウェア

ハードウェア冗長性(冷却、電源、フォワーディング)を備えた設計によりコアネットワーク全体に求められる厳しいサービス品質保証要件を満たします。

高可用性のソフトウェア

高可用性のためにグレースフル ルーティング エンジン スイッチオーバー(GRES)、ノンストップ アクティブ ルーティング(NSR)、統合型インサービス ソフトウェア アップグレード(統合型 ISSU)などの HA 機能をサポートし、ネットワーク トラフィックを中断することなく、ソフトウェアのアップグレードや変更が可能です。

最高レベルのパケット処理性能

ExpressPlusカスタムシリコンの画期的なイノベーションにより、すべてのIP機能およびMPLS転送における優れたパケット処理能力を実現し、増加トラフィックに伴うネットワーク拡張の課題に対応します。

超コンパクト筐体

電力および冷却技術の最先端のイノベーションにより、PTX1000は、2RUサイズという固定構成型では最もコンパクトなコアルーターです。特に新興市場や配信拠点の環境でのIXポイントやピアリングコロケーションでの厳しいスペース要件に対応します。

Juniper PTX1000データシート

Juniper PTX1000の製品仕様

サイズ(RU) 2RU
最大スループット 2.88Tbps
冗長性 電源、FAN、フォワーディング
最大ポート数  
1GE -
10GE 288
40GE 72
100GE 24
固定ポート数  
SONET -
ATM -
WDM -
PICスロット数 -
FPCスロット数 -
電源タイプ AC/DC

Juniper PTXシリーズの概要

PTXシリーズ ルーターは、サービスプロバイダーの運用予算に影響を与える根本的な懸念事項である電力、スペース、重量にフォーカスし、増大するIPトラフィックおよび MPLS転送において一貫して低いレイテンシとワイヤレート パケット性能を実現します。

また、3Dメモリアーキテクチャを基本設計に組み込んだジュニパーネットワークスのExpressPlus™ は、初の電気通信専用シリコンで、1秒あたり16億回のフィルター処理と動的なテーブルメモリの割り当てにより、IPルーティングの拡張性を高め、電力効率を大幅に向上させます。

Juniper PTXシリーズの特徴

統合型スーパーコアアーキテクチャーとコーポーネント

LSR

拡張可能でコストが最適化されたネットワークと共に、コアMPLSバックボーンの中核を活用できます。

IPバックボーン

インターネットバックボーンやインターネットピアリング、インフラストラクチャエッジ、バックエンドでのデータセンター接続、地域コア、パケット転送などのアプリケーションにも対応します。統合型スーパーコアアーキテクチャの採用により幅広いアプリケーションを利用でき、業界最低のTCOを達成し、要求に応じて各アプリケーションを有機的に拡張できます。

Junos Space (ネットワーク管理 プラットフォーム)

障害、設定、パフォーマンス、セキュリティー管理(FCAPS)の幅広い機能で、融合型のスーパーコアアーキテクチャ全体を包括的に管理できます。また、新しいJunos OS リリースの同日サポート、タスク固有のユーザー インターフェイス、既存のNMSやOSS/BSSと統合するためのノースバウンドAPIが提供されます。

NorthStar Controller (トラフィックエンジニアリング プラットフォーム)

ネットワーク全体の帯域需要を把握し、IP/MPLSフローの詳細な可視化と制御を行います。大規模なトラフィック負荷の予防的監視、プラニング、および適切なルーティングにより、コアネットワークインフラ全体を動的に最適化することが可能となります。これにより予測可能性、耐障害性、そしてSLAを確保しながらコストが高くつくオーバープロビジョニングを回避し、より迅速で柔軟なサービス提供を実現します。

日商エレクトロニクスが選ばれる理由

日商エレクトロニクスが選ばれる理由

ジュニパーが提唱する先進のネットワーク、
その普及を支える日商エレクトロニクス

詳しく見る

資料請求・お問い合わせ

最速でスケーラブルなDDoS攻撃からの保護ソリューション Juniper TDD - Threat Defense Director