Juniper Mシリーズ M7i (販売終了)

Mシリーズは販売終了いたしました。後継機となるMXシリーズをご確認ください。

製品販売終了

Juniper M7iの概要

M7iルーターは、筐体の高さが8.9cm(3.5インチ)のシャーシーで10Gbps以上のスループットをサポートしています。小規模アクセスポイントのIP/MPLSプロバイダエッジルーターとして理想的な製品です。ハードウェア化による高速NAT、ステートフルファイアウォール、IPSec、Juniper Flowアカウンティングなどに対応した専用アダプティブサービスモジュールやマルチサービスモジュールを実装すると、キャンパスネットワークのボーダールーターや企業の本社ビルの加入者側装置(CPE)としても威力を発揮します。

固定インタフェースカード(FIC)で固定ファストイーサネットポート×2、固定ギガビットイーサネットポート×2、または固定ギガビットイーサネットポート×1のいずれかをサポートするほか、着脱可能なPICを4枚まで実装できます。インタフェース速度は、最大でOC-12c/STM-4とギガビットイーサネットまで対応します。PICは、M7i、M10iの両ルーターで共用できます。

用途

  • 小規模のアクセスポイントのIP/MPLS PEルーター
  • 企業のインターネットゲートウェイ
  • キャンパスネットワークのボーダールーター
  • 高性能CPE

Juniper M7iの特徴

総合的なVPNポートフォリオ

業界随一と言える多彩なVPN機能をサポートしています。レイヤ2バーチャルサーキット、レイヤ2VPN、レイヤ2.5インターワーキングVPN、RFC2547準拠のレイヤ3VPN、VPLS、IPSec、GRE、IP over IPなどのトンネリング方式を同時運用できるうえ、パフォーマンスが低下することもありません。

きめ細かいQoS機能

豊富なパケット処理機能が搭載されており、ポート単位、論理回線単位(DLCI、VC/VP、VLAN)、チャネル単位(最小DS0)で、多段階のきめ細かいQoS制御によるトラフィックの優先度設定が可能です。

高度なサービス

多彩なサービスをVPN上に階層化すると、収益力が増します。VRFごとにNATやステートフルファイアウォールを設定してネットワーク型セキュリティを実現することで収益拡大が可能になるほか、セキュリティを重視するエンドユーザー向けに、IPSecを利用して高品質のセキュリティサービスを提供することもできます。

高信頼設計

Mシリーズは拡張性と安定性を念頭に置いて開発されており、モジュラー型の耐障害性に優れたJunos OSが搭載されています。さらに、Mシリーズの全モデルで電源と冷却ファンが冗長化されています。Junos OSには、無停止型スイッチオーバー機能が搭載されており、万一、ルーティングエンジンの障害が発生した場合でも、ノンストップのパケット転送が可能です。

強固なセキュリティ

Mシリーズ ルーターは、拡張性に優れたフィルタリング機能、ユニキャストRPF(逆方向パス転送)、高性能レートリミットに対応し、DoS攻撃に対して防御体制を確保しています。Juniper Protectのセキュリティ機能にマルチサービスモジュールを組み合わせることで、高速NAT、ステートフルファイアウォール、DPI/IPS機能などのセキュリティサービスをハードウェア的に実現できます。

M7iの製品仕様

サイズ(RU) 2RU
最大スループット 10Gbps
冗長性 電源、FAN
最大ポート数  
FE 48 + 固定2
1GE 16 + 固定1
その他インターフェース  
SONET
ATM
PICスロット数 4/FPC
EPCスロット数 1(内蔵)
電源タイプ AC/DC

日商エレクトロニクスが選ばれる理由

日商エレクトロニクスが選ばれる理由

ジュニパーが提唱する先進のネットワーク、
その普及を支える日商エレクトロニクス

詳しく見る

資料請求・お問い合わせ