サービス マネージャー proNX

エンドツーエンド 運用監視用アプリケーション

新しいサービスの迅速なアクティブ化や、直感的なサービス監視とトラブルシューティングが可能な光ネットワーク管理システムです。

製品ラインナップ

BTI7000

BTI7000

10Gインタフェース用プラットフォーム

BTI7800

BTI7800

100G超インタフェース用プラットフォーム

proNX

運用監視アプリケーション

概要

proNX サービス マネージャーは、一元化されたproNX 制御ソフトウェアの強みを活かして、サービスのプロビジョニング、監視、トラブルシューティングのための包括的なツールを運用チームに提供します。直感的なGUI を使用してネットワークに新しいリソースを迅速に導入したり、日々のさまざまな運用タスクや管理タスクを簡に実行できます。新しいエンドツーエンドの光サービスやイーサネット サービスをわずか数クリックで簡単に確立できるため、ホップバイホップ構成タスクで発生しがちなエラーのリスクが大幅に低下します。新しいサービスの立ち上げにかかる時間と労力を抑えることもできます。proNX サービス マネージャーでは、さまざまな管理タスクが効率化されるのに加え、これらの機能によって運用効率が飛躍的に向上します。また、価値の高いサービスの提供を迅速化し、要件変化への対応力を高めます。

proNX サービス マネージャーはフル機能の RESTful API Northbound を公開しており、外部アプリケーションは proNX エンジンの能力をフルに活用できます。運用システム(OSS/BSS)や CRMシステムを統合すれば、顧客に対してサービスの可視化と制御を提供可能となります。このようにサービス提供時間の短縮やサービス アクティベーション タスクからの解放により運用コストを削減することができます。

proNX

特徴

プログラム可能性と自動化

組み込まれたプログマビリティと自動化によって、継続的に運用コストを削減し、複雑さを抑えながら、サービスのターンアップ時間を短縮します。

包括的なグラフィカル クライアント

包括的なグラフィカル クライアントに含まれるエンドツーエンドのサービス有効化によって、設定エラーを排除し、リソースの利用状況を最適化します。

直感的なダッシュボード

直感的なダッシュボード画面でネットワーク要素のステータスまで詳しく見ることができるため、問題を迅速に解決し、信頼性の高いサービス品質を実現できます。

光およびパケット対応のドメインワイドな管理

MX、PTX、QFX、BTI シリーズを対象とした完璧な光サービス プロビジョニング、障害およびパフォーマンス監視、包括的なトラブルシューティングを提供します。

資料請求・お問い合わせ