QFXシリーズ QFX5110

製品ラインナップ

  • QFX3100

  • QFX3008

  • QFX5100
  • QFX5110
  • QFX5200

  • QFX10002
  • QFX10008_10016

QFX5110の概要

QFX5110はデータセンター向けレイヤー2/3ファブリックスイッチ製品です。
前モデルであるQFX5100のメリットを引き継いだまま100GbEに対応。1RUとコンパクト設計ながらあらゆる用途でお使い頂ける汎用性の高い製品です。

QFX5110の特徴

QFX5110 アーキテクチャ&ソリューション

前モデルであるQFX5100のメリットを引き継いだまま、100GbE対応にアップグレード。ネットワークが肥大化する昨今のトレンドに合わせてより自由に使いやすく、柔軟な構成をとることが出来ます。

  • Multicast/VXLAN, OVSDB/VXLANや
    EVPN/VXLANなど多様なオーバレイをサポート

  • MC-LAG

  • 従来からのバーチャルシャーシ、バーチャルシャーシファブリック

  • Junos Fusionのサテライトデバイスとして

QFX5110-32Q ハードウェア外観


QFX5110-48S ハードウェア外観


VMware NSX レイヤー2 ゲートウェイサービス

課題

  • 従来の環境や高速なネットワークを必要とするワークロードを含む物理ネットワークと、仮想ネットワークをどう相互接続するべきか?

解決策

  • QFXをVMware NSXのレイヤー2 ゲートウェイサービスとして使用し、仮想ネットワークと物理ネットワークを統合することで運用性を向上する

利点

  • VXLANと物理環境の間をハードウェアによって高速に接続可能
  • NSXコントローラから、仮想ネットワークに加えて物理ネットワークポートも集中管理
  • データセンターのパフォーマンスや運用に影響を与えずにSDN化が可能
  • Juniper/VMware の共同によるサポート体制

QFX5110の製品仕様

QFX5110 ラインナップ 48S 32Q
サイズ(RU) 1RU 1RU
最大スループット 880Gbps 1.28Tbps
冗長性 電源、FAN 電源、FAN
最大ポート数 100M/1G/10G Base-T - -
1G SFP - -
10G SFP+ 64 104
40G QSFP+ 4 32
100G QSFP28 4 4
固定ポート数 100M/1G/10G Base-T - -
1G SFP - -
10G SFP+ 48 -
40G QSFP+ 4 32
100G CFP 4 4
電源タイプ AC/DC

※「32Q」は、販売開始前製品です。仕様情報も変更になる可能性もあります。(2017/2/10時点)