日商エレクトロニクスが選ばれる理由

お客様のネットワークの安心を支えるため、日商エレクトロニクスでは独自の体制、設備を構築しています。

トレーニングや品質管理の施設が充実
品質の維持と向上を実現

日商エレクトロニクスでは、物流や製品の品質管理に対応する拠点を東京湾岸エリアに設置しています。豊富な人財、充実した設備で、プリセールスからアフターセールスまでトータルにキャリアグレードの品質を実現します。

  • NETFrontier Center

    NETFrontier Center

  • Quority Control Center

    品質管理センター(Qualty Control Center)

キャリアグレードの品質を実現するための2つの施策

総額30億円を超えるJuniper製品を持つ国内トップレベルの検証支援設備
技術サポートセンター (NETFrontier Center)

再開発が進む湾岸豊洲・東雲エリアに先進の技術サポートセンターとして、「NETFrontier Center」を2008年11月に開設。総床面積約1,550坪に従来よりさらに設備の規模を拡大し、機能を強化しました。充実した設備でキャリアグレードのネットワーク製品、サポート、トレーニング、検証環境をご提供します。

30億円相当のJuniper社製品をラインナップ
〜ラボエリア〜

取り扱うすべての製品と多様なテスターを配置し、多種多様なネットワーク機器をお客様の導入環境に適した形で検証していただけます。

30億円相当のJuniper社製品
QFXシリーズ、M/T/MXシリーズ、EXシリーズ、5RXシリーズなど

お客様自身で自由に検証
〜テストルーム〜

Juniper主要製品と多様なテスター、他社ネットワーク製品を揃え、単体および相互接続検証できる環境を設けています。お客様の導入環境に適したさまざまな形で導入前後に検証をしていただけます。

快適な環境での教育
〜トレーニングルーム〜

Juniper Networks認定教育センター「Juniper Networks Authorized Education Center(JNAEC)」向けのトレーニングルームがあります。
3つのトレーニングルームと専用マシンルームが分かれており、快適な環境で受講をしていただけます。

当社独自の体制を構築し、お客様に「安心」をお届けする
品質管理センター「Quality Control Center」

最先端のネットワークシステムを、高品質かつ、迅速にお客様へ提供するために品質管理センター「Quality Control Center」を2008年11月に開設しました。
総床面積約450坪にさまざまな物流、検査のための設備を配置し、海外製品をキャリアグレード製品としてお客様に安心してお使いいただくための体制を整えています。海外製品を日本のお客様の期待以上の品質でお届けします。

製品/機能品質の維持向上

  • ソフトウエアは、国内販売開始前より徹底した機能検証、フィードバックを実施
  • ソフトウエアは、ハードウエアのリリース前に検証を実施
  • 品質/機能改善のため、を含めJuniper米国本社社開発チームとの協議実施
  • 国内市場動向やユーザーが求める機能/改善事項を適時Juniper米国本社と情報共有

出荷前の品質チェック

  • ISO9001、14001やプライバシーマークの取得はもちろんのこと、 品質管理の全社横断部門を設置、当社独自の品質ガイドラインを策定実施
  • 定期的なJuniper米国本社品質チームとのミーティング/改善活動
  • 法令順守(電気用品安全法など)を含む当社基準による入出荷検査
  • お客様のご要望に合わせた品質検査・監査

資料請求・お問い合わせ