NorthStar Controller

NorthStar Controllerは、細部の可視性を高め、大規模なサービスプロバイダー/エンタープライズネットワークにおけるIP/MPLSフローの制御を可能にする、強力で柔軟なトラフィックエンジニアリングソリューションです。ネットワーク事業者は、指定した制約に動的に基づいて、大量のトラフィック負荷のプロアクティブなモニタリング、プランニング、明示的ルート設定によって、ネットワークインフラストラクチャを最適化できます。

NorthStar Operator

リアルタイムネットワーク機能

NorthStar ControllerはPCE(RFC5440)を介してLSPの状態把握やリアルタイムのLSPパス計算やプロビジョニング、LSPのグローバルな最適化、LSP帯域幅の変更やLSP属性の変更等を一元的に行うことが可能です。

パスのプロビジョニングはPCEP標準とNETCONFのサービスマッピングにより実行できます。

さらにIGP(ISIS-TE、OSPF-TE)経由のピアリング及びBGP-LSアップデートのリスニングによりトポロジーを動的に検出できます。

NorthStar Planner

オフラインでのMPLS LSPプランニングとデザイン

トポロジー情報/LSP情報を取得しオフラインでリンク/ノード/LSPの追加や削除を実行し障害シミュレーションや将来のLSP設計/計画を行うことができます。

● NorthStar-PCEによるトポロジー取得(snapshot)

● REST APIによるLSPプロビジョニング

● 包括的な障害分析とMPLS LSPのキャパシティプランニング

● MPLS LSPデザイン
(P2MP、FRR、JUNOS config’let…)

可視化

トポロジー上にトラフィック量をヒートマップで表示し全体的な帯域需要の把握が容易になります。

またリンクやLSP毎にトラフィック量をグラフ化することでトラフィックの傾向を容易に把握することができLSP計画やリンクの増速計画に使用して頂けます。

リンク遅延も測定でき帯域使用率や遅延をベースにLSPリルーティングを行う事もできます。

SPRING(SR-TE)

RSVP-TEからSPRINGへと移行する中でプロバイダーは2つの技術を同時に運用していく必要があります。
NorthStar ControllerはRSVP-TE/SPRING両方のトラフィックエンジニアリングデータベースを把握し、トラフィックの可視化やプロビジョニングを行い最適な運用を実現します。

● IPv4 Prefix & IPv4 node SIDをBGP-LS(又はIGP)を使い学習

● 新しいPCEP機能、ERO sub-object and TLVs

● SPRING-TE LSP設定、可視化、最適化

日商エレクトロニクスが選ばれる理由

日商エレクトロニクスが選ばれる理由

ジュニパーが提唱する先進のネットワーク、
その普及を支える日商エレクトロニクス

詳しく見る

資料請求・お問い合わせ