間もなくルーターの保守満了を迎える方必見!「保守更新」か「リプレース」かの見極め方をガイドします。

運用

キャリアグレードルーターとして定評のあるJuniper Networks MXシリーズ。世界中で通信事業者、データセンター事業者、コンテンツ事業者をはじめとした多くのユーザーに採用されています。ロングセラーモデルのため、やがて保守期間の終了を迎えることになりますが、その際に保守更新またはリプレースをどのように選択すべきでしょうか。今回は、迷いがちな更新と買い替えのタイミングについてガイドします。

mx_guide_renewal_or_replace01

リプレース/保守更新 診断チェックシート

●チェック1 スペック編

□ 経路数の増加でパケットロスが発生している
□ ポート数拡張の限界を迎えている
□  40G、100Gポートの集約が必要となってきている

●チェック2 コスト編

□ 電力消費量の増大が運用コストを圧迫してい
□ CPU やマシンスペックの費用対効果が悪化している
□ ライセンスコストがかさんでいる

●チェック3 収容効率編

□ 型機が増え、ラック収容効率が悪化している
□ 移動できない機器がラックを専有している
□ 接続するポート数が増え、ケーブリングが複雑化している

チェックの結果をポイント解説

ここでは、チェックした項目について詳しく解説します。
それぞれチェックしたポイントについての解説をよく読んで、保守更新/リプレースのヒントにしてみてはいかがでしょうか。

チェック1 スペック編についての解説

増加し続けるネットワークトラフィック。今後を考えて保守更新または次世代機へのリプレースを検討しましょう!

❶ 経路数の増加によるパケットロスの懸念
近年、SNSや動画サイトの利用、スマートフォンの普及などを背景に、インターネットトラフィックは爆発的に増加しています。
また、ルーターが処理するBGP経路数も増加の一途を辿っています。
もしルーターが必要な経路数を処理できなくなると、パケットをロスする事態に陥りかねません。

❷ 拡張の限界はどこまで?
機種によってはモジュールを増設できますが、拡張限界を迎えるとデバイスそのもののリプレースを検討しなくてはなりません。

❸ 40GbE、100GbEポートが一般化
アプリケーション制御や可視化、侵入防止、ユーザーごとの異なるアプリケーションコントロールなど、昨今の有害アプリケーションはポート番号だけでは制御できず、パケットの中身までチェックしなくてはなりません。どれだけ多くのアプリケーションに対応しているかも重要なポイントです。

チェック2 コスト編についての解説

一時的な導入費用だけではなく、消費電力や運用コストなど、TCOから考えることがポイントです!

❶ 運用コストとしての電気料金の問題
従来の大型ルーターは電力消費量が大きく、運用コストとして電気料金がかさみがちです。ハードウェアは年々、小型化・高性能化・省電力化が進んでおりますので、リプレースすることで電気料金削減に大きな効果をもたらします。

❷ 増設とリプレース、どちらがおトク?
ハードウェアや内部のCPU は日々進化しており、同等価格でも後発製品の方が高い性能を発揮します。旧製品のモジュールを増設するよりも、新製品へ置き換えた方が、機能面や設置場所の縮小などTCO(Total Cost of Ownership)面から投資対効果が高いケースがあります。

❸ ライセンスコストの見直し
TCOを考えた時に、機能追加のためのライセンスコストは大きな課題となります。例えば新製品では、従来有償オプションとされていた「Inline-jflow ※1」や「HQoS License※2」などの機能が、あらかじめ本体にバンドルされています。標準構成を活用しTCO削減につなげられるのも、リプレースのメリットといえます。

※1 Inline-jflow : ASICで処理する高性能のNetflow v9/IPFIX
※2 HQoS : 回線を利用するSubscriber単位で異なるRuleの帯域優先制御を実現

チェック3 収容効率編についての解説

機器の配置やケーブリングの構成を見直すことで、見た目にもわかりやすいネットワークへ改善できます!


❶ラックスペース効率化のために
事業の拡大に伴って大型ルーターの導入が増えてくると、ラックの占有率が高まり柔軟な機器設置が難しくなってきます。小型化された最新製品を選ぶことで、設置の柔軟性を高め、機器単位での移動や増設を容易にすることができます。
❷スイッチを利用した柔軟なポート拡張
収容効率を上げる方法として、Juniper ならではの機能もあります。例えば、ルーターとスイッチと組み合わせ、スイッチをルーターのポート拡張モジュールとして管理するJunos Fusion を用いれば、小型のボックスルーターであっても柔軟なポート拡張を実現できます。
❸利用ポート削減でケーブリングもシンプルに
従来の1GbE、10GbE ポートを、新製品の40GbE、100GbE ポートへ集約すれば、利用ポート数を削減できます。その結果、ケーブリングをシンプルにできます。

利用機種別リプレース成功のポイント

ここでは「リプレース」を検討している方向けに、既存のMX製品からどのように次の製品を選ぶべきかをご紹介します。自社にとって最適な製品を選んで、リプレースの効果を最大化しましょう!

mx_renewal_or_replace02
製品スペックの比較や「おすすめモデル」の特徴について資料にて詳しくご紹介しております。

関連記事