Juniper SDN/Contrail

大規模なスケールの仮想化ネットワークをダイナミックに構築

Contrailで実現するVirtual Evolution

Contrailの仕組み

Contrailは、既存のBGP、MPLS over GRE/UDPといったプロトコル、トンネリング技術を駆使して、オーバーレイネットワークを構築することでネットワークを抽象化し、ひいては仮想ネットワーク作成の自動化を実現するSDNソリューションです。

抽象化されたネットワークでは、ネットワークサービスはハードウェアとは完全に分離され、SDNコントローラによって仮想ネットワークが構成されるため、従来の物理ネットワークにおけるVLANなどの制約を受けることなく、仮想ネットワーク上でのより柔軟なネットワークの構築が可能となります。

Contrailの5つのアドバンテージ

ネットワークの自動化

自動的なトンネリング、経路交換によるサービス提供のスピードアップ、Opexの低減

シームレスな相互接続性

  • ソースコードも公開されているオプンな仕様
  • 標準化された技術を利用しているが故にベンダーロックインが発生しない
  • 仮想ネットワーク上にベアメタルサーバーやハードウエアアプライアンンスも収納可能

仮想化された機能の提供における柔軟性

ジュニパーが得意とするレイヤー3、トンネリングの技術を用いたサービスチェイニングによる柔軟なサービス提供

投資の最適化

各コンポーネント毎のスケールアウトな増設、柔軟なライセンス体系により、サービスの拡張に応じた最適な投資オーバーレイ方式のため、既存機器を継続利用でき、投資を保護

キャリアグレードなスケーラビリティ

BGPクラスターによる拡張性

こんなお客様の課題を解決

Virtual CPE

Virtual CPEはCPE(Customer Premises Equipment、宅内/構内通信端末)機能を事業者側のネットワークに収容し、仮想化することで、スケーラブルなネットワークサービスの迅速な提供、投資、運用・メンテナンス性の向上を実現します。

データセンタ活用事例、NWの抽象化

Contrailと連携した新データセンタを構築する際、Contrailコントローラと 既存データセンタのGWルータ間でBGP Peeringを設定し、ハイパーバイザ上のvRouterとGWルータ間でオーバーレイトンネルを構築することで既存GWルータのキャパシティを有効に活用します。

動画で理解するJuniper Networks製品 Juniper Contrail

Juniper Contrailのご紹介(ヒーローになったネットワーク担当者)

Juniper Contrailのご紹介(ヒーローになったネットワーク担当者)

日商エレクトロニクスが選ばれる理由

日商エレクトロニクスが選ばれる理由

ジュニパーが提唱する先進のネットワーク、
その普及を支える日商エレクトロニクス

詳しく見る

資料請求・お問い合わせ